ネタバレ

トモダチゲーム81話のネタバレと考察!沢良宜を救った男の思惑とは?

更新日:

トモダチゲーム81話(原作:山口ミコト、漫画:佐藤友生)

「最善の選択」

のあらすじネタバレと感想&考察です。

 

第81話は2020年10月9日に発売された別冊少年マガジンに掲載されており、コミックス第17巻に収録される予定です。

ネタバレ注意

トモダチゲームはストーリーの性質上、1話から順に読んだ方が楽しめます。まだ未読の方はネタバレにご注意の上ご覧ください。

本記事のネタバレは読まずに絵付きで読みたいという方は以下からご覧ください。

▼31日間無料体験に登録して600Pゲット▼

トモダチゲーム第81話のネタバレ【あらすじ】

第80話にて「人間狩り(プレーヤーキル)」が開始されることがアナウンスされた「トモダチ殺し合い(バトルロワイヤル)ゲーム」。

しかし、プレーヤーキラーであった「水瀬マリア」は逆に狩られる立場にあったのだ。

貴重なアイテムであり、「心木ゆとり」陣営相手に戦闘を行うならば必須とも言えるアイテム、「黒の弾丸」を大量に持っている彼女らは、「沢良宜志法」陣営にとっては貴重な資源のようなもの。

志法は無慈悲に、容赦なくマリアを追い詰めていく。

その状況に、思わずマリアは「おかしいでしょ!」と心中で叫んだのだった。

黒の弾丸奪取!手札はたったの「8発」!?

地面に並べられた黒の弾丸は8発

志法がマリアから奪い去ったのはそれだけだった。

志法に捕まる前にマリアは彼女らの思惑を理解してしまったが故、事前に消費され、これだけしか手に入らなかったのだ。

だが、多少のリスクを背負ってでも、この8発でゆとりの陣営を全員、特に最大の戦力である「須原岳」を仕留める必要があった。

志法は岳を仕留めるための手はずとして、送り込んだ「白砂梅子」と「橋本桃菜」が作戦を成功させていることを願うしかなかった。

 

岳に弾丸を使わせる作戦を実行していた桃菜と梅子。

ねじ伏せられた彼女らに、岳は全ての弾丸を失ったと告げる。

その顔には未だ余裕が浮かんでいた。

弾丸を失った岳はゆとりに指示を仰ぐ。

ゆとりはねじ伏せられている彼女らの前で問う。

二人は志法ちゃんたちが助けにくるって信じてるの?」と。

沢山の人を騙してきたような「性悪」などを助けに来るのかと、問うたのだ。

だが、梅子はそれに返す。

「別に助けに来るとは思ってない、私たちが信じるのは、あいつらが勝つってことよ」と気丈な言葉を吐き出した。

そして、目の前にいるゆとりに対して返した。

あんたみたいな厄病神がいるチームは、最終的に絶対負けるってね」と。

厄病神と呼ばれたゆとりは、平静を装いつつも大きな衝撃を受けたような表情を見せた。

梅子は、ゆとりを「関わった人間を全員不幸にする典型的な厄病神」だと称した。

彼女と対面して、彼女と言葉を交わし、彼女の目を見た梅子が嘲笑交じりにゆとりを挑発する。

厄病神と言われたゆとりは、底意地の悪い笑みを浮かべつつ、梅子と桃菜にもちかけた。

トモダチゲームらしく、ゲームをして白黒つけましょう」と。

岳に捉えられている梅子と桃菜には拒否権など無い。

ロープを取り出したゆとりの提案に、彼女らは従うしかないのだ。

須原岳との決戦!?志法らの最善の選択とは?

鳥の鳴く声も、木々のざわめきも無い森の中。

気配を消した四人が忍び寄る。

目標は森の中を無防備に闊歩する須原岳。

自信の現れなのか、彼は一人そこにいた。

四方を囲まれていることに気づいていないような様子を見て、志法は黒の弾丸を装填した拳銃を構えた。

このまま引き金を引いて彼を打ち抜けば、ゆとり陣営の戦力を大きく削ぎ落すことが出来る。

だが、彼は既に志法らに気づいていた。

放たれた弾丸を間一髪で回避し、黒の弾丸の存在を確認する。

確認すると、岳は指笛を吹いて合図を送った。

合図と同時に現れたのは、亡者たち。

志法らの銃にはプレイヤーにしか効果がない黒の弾丸が装填されているため、亡者たちには打つ手がない。

そのため、志法らが取る手段は「一時撤退」であった。

撤退する志法らを追うように命じる岳。

固まっては不利だと、「四部誠」ら志法陣営のメンバーは散り散りになって逃げて行った。

 

そこに残ったのは、ターゲットである岳一人。

自分の読み通りであったと自信満々に志法を嘲笑する岳。

だが、志法が突然岳の前に再び現れると、その不意を突いて岳に引き金を引いたのだ。

「読み通り」はこっちの方だと言い放って。

志法は逃げるふりをして、岳を狙っていたのだった。

志法は容赦なく当たるまで岳に向けて銃を放つ。

間一髪で回避を重ねる岳。

志法らが所持している弾丸は8つ。

どこで情報を得たのか、岳は志法らが四等分したはずの弾丸の数を案じるように挑発する。

しかし、黒の弾丸は四等分などされていなかった。

全て志法が持っていたのだ。

それこそが志法の陣営が選んだ「最善の選択」。

志法以外が全員亡者に対する囮であり、志法に全てを託していたのだった。

 

岳も志法に拳銃を向ける。

自分も黒の弾丸を持っているのだと言って。

だが、志法は岳が「もう黒の弾丸を持っていない」と断じた。

桃菜と梅子が本当に作戦成功したかどうかなどわからないというのに、彼女が梅子と桃菜を信じる根拠を岳は問うた。

志法は「根拠など無い」と返した。

自分は勝つために全てを疑い厳しくするのは向いていない、だから二人を信じて岳が弾丸を持っていないと断じるのだと。

志法は全てを吹っ切ったような、真っすぐな眼差しで言い放った。

岳はその姿を「素晴らしい」と称えた。

そんな彼女に岳が「ゲームの前」に投げた最後の問いは「勝つための最善の選択ができますか?」であった。

志法は淀みなく答えた。

もちろんよ、私はあなたを必ず倒してこのゲームに勝利する!

ゲーム開始!志法に迫る選択の時!

志法の淀みない言葉を聞き、岳は銃を降ろした。

そして踵を返すと、その場から逃走するように駆け出す。

岳の背中を負い、走り出す志法。

追い詰めた場所は行き止まり。

岳の真正面には崖があった。

だが、岳は問題ないと言う。

「ゲーム会場」に到着したから、問題ないと言うのだ。

その言葉の意味を理解できない志法の前で、岳が縄を引いた。

縄は木を滑車のようにして何かに繋がっている。

縄の先に繋がっていたのは二人の人間。

逆さ吊りにされた桃菜と梅子だったのだ。

 

これこそがゆとりと岳が志法の信念を試すために仕掛けたゲーム。

縄を掴んだ岳は動けないため、撃てば確実に黒の弾丸が命中し、彼を捉えることが出来る。

しかし黒の弾丸と黒い首輪がもたらす電撃によって、岳の体は弛緩し、岳は手にした縄を離してしまう。

縄を離せば、縄の先に吊るされた桃菜と梅子は崖の下へと真っ逆さま、最悪死亡してしまう。

勝つためには岳を仕留めるチャンスを無下には出来ない。

しかし弾丸を放てば桃菜と梅子に危険が及ぶ。

二人を殺して勝利を選ぶか、二人を生かして敗北を選ぶか、志法に選択が迫る。

勝利と敗北!最善はどちら?

悩む志法に一括を入れたのは、吊り下げられた桃菜と梅子だった。

迷うな、撃てと言うのだ。

これは志法を苦しめるために仕組まれたゆとりからのゲームであり、ゆとりのような嘘つき女が自分たちが不利になるような選択肢を用意する筈など無いと言い放った。

そもそも桃菜や梅子を助ける気などもないとわかっているのだった。

だからこそ、勝利のために今ここで岳を仕留めろと促したのだ。

ならばと志法は覚悟を決める。

二人を犠牲にしてでも岳をこの場で仕留めて、勝利に近づくのだと。

しかし志法の指は引き金を引くことを拒んだ

志法の心は、脳は選択をした。

理解もした。

だが、体が、志法の本心が、「桃菜と梅子の犠牲」を拒んだのだった。

それを岳は「父親の血」だと言った。

他人を犠牲にしてまで正義を為せない」という血なのだと言った。

そうなると残された選択は黒の弾丸を捨てること。

桃菜と梅子を助けるというものだった。

大人しく拳銃を捨てる志法。

それを見届けて、岳は縄から手を離した。

崖下に伸びていく縄。

地面への落下までが秒読みとなった梅子と桃菜だったが、志法が間一髪で縄の端を捉えた。

 

梅子と桃菜の言う通りであった。

岳は最初から梅子と桃菜を助けるつもりもなく、志法に撃たれる気も無かった。

拳銃を拾った岳が志法に向けて構える。

銃口を向けつつ、ゲームの発案者である彼女からの言葉を伝えた。

「どうせ志法ちゃんは勝利を選べないから、その絶望した顔に向かって…周りの人を不幸にする厄病神はそっちだったね」と。

梅子に言われた言葉を多大に気にした彼女からの、いやらしい意趣返しだった。

再びゆとりの掌の上で踊っていたことに悔し涙を流す志法。

最善の選択が出来なかったことを梅子と桃菜に謝罪しながら、放たれた黒の弾丸の衝撃を待つ。

 

だが、志法の体に衝撃は無かった。

堅く瞑った両目をゆっくりと開いた彼女が見たのは、どこかへと身を潜めていた男の姿だった。

男は背後に庇った志法に対して言葉を紡ぐ。

「泣かないで志法ちゃん」

「大丈夫…今回君は”最善の選択”をしたよ」

「だって…」

「君の正義感(優しさ)を目の前で見ることができたからこそ俺は…この美笠天智は君をまた信じることができたんだから」

現れた男は「美笠天智」。

トモダチ殺し合い(バトルロワイヤル)ゲーム中一度もカメラにすら姿を現さず、機を伺っていた志法や友一らの友人の一人。

裏切り者とも疑われた一人の少年だったのだ。

トモダチゲーム81話を無料で読む方法

以上、トモダチゲーム17巻掲載の81話のネタバレを紹介しました!

文字だけじゃなくて絵付きで漫画が読みたい!

という方におすすめなのが、U-NEXT、music.jp、FODプレミアムのどれかになります。

サービス名 U-NEXT FODプレミアム music.jp
無料期間 31日間 1ヶ月間 30日間
無料登録でもらえるポイント 600ポイント 1300ポイント※ 961ポイント
公式サイト 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
無料期間内の解約 全て可能。解約すれば料金は一切かからず0円で利用可能

※FODプレミアムは8,18,28日にログインすることで各400ポイント合計1300ポイント付与

 

私は全部利用しているんですが・・・

この3つの中でおすすめはU-NEXTかFODプレミアムになります。

読みたい漫画と動画まで楽しめるのがU-NEXT

U-NEXTなら、31日間の無料登録で貰える600ポイントを利用することで読みたい漫画を1冊無料で読むことができます。

そしてU-NEXTは国内最大級の動画配信サービスということで約9万本の動画が見放題。

31日間の無料期間中に

  • ドラマ
  • 映画
  • アニメ

まであわせて楽しむことができるんです!

今すぐ画バレで漫画が読みたい方はこちらがおすすめです。

▼31日間無料体験で600P獲得して今すぐ読む▼

すぐには読めないけど20%オフで読めるのがFODプレミアム

FODプレミアムでは、ポイント還元率が高く、20%分のポイントがバックされます。

つまり、1巻あたり20%オフで読めちゃうんです!

さらにFODプレミアムはフジテレビが運営する動画配信サービスなので、フジテレビのドラマやアニメまであわせて見放題で見ることが可能になっています。

 

ちなみに期間限定で完全無料の漫画もあったりしますよ~

気になる方はぜひのぞいてみてください。

▼1ヶ月間の無料体験で1300Pゲットして今すぐ読む▼

トモ
トモダチゲーム81話を読むなら、別冊少年マガジン10月号で読めますよ!

トモダチゲーム第81話の考察&感想

最終決戦のワンステップとして、敵最大戦力である須原岳と決着をつけることを選んだ一行。

岳の弾丸を消費させるという作戦は成功したものの、岳の強さは本気で一級品だとわかる描写が続きます。

更には桃菜と梅子を人質に取られ、絶体絶命の志法。

最早「どこまで予測しているんだこの女は」というレベルでゆとりが追い打ちをかけてきます。

本当に何から何まで把握しすぎじゃなかろうかと筆者は思います。

そして梅子の言ったことに図星を突かれたのではなかろうかという描写が見られます。

過去自分のやったことで周囲に多大な損害でも及ぼしたのではないでしょうか。

でなければ梅子の一言を気にしすぎですし、煽り耐性も抜群に低いとしか言いようがありません。

意趣返しをするのも単に「志法を苦しめたいだけ」という考え方も出来ると思うのですが、梅子に対する当てつけの意味もあったのではなかろうかと思われます。

 

注目すべきはとうとう駆け付けた美笠天智です。

前々回よりその全裸姿を見せていましたが、表舞台に現れて志法を助けるのは意外でした。

描写的には志法よりも友一を優先して動いているのではなかろうかと筆者は考えていたのですが。

筆者は天智が亡者に紛れて行動しているから、登場描写がほぼ全裸なのだと予測していますが、天智が何故全裸なのか、そして今までどうしていたのかは、この次の話数辺りで語られそうですね。

 

ますます盛り上がっていくトモダチゲーム。

天智が駆けつけて状況は打開するのでしょうか。

次回82話からも目が離せませんね。

 

82話の記事へ

どハマり中の無料漫画アプリ

トモ
他にも面白い漫画が読んでみたい!

という人向けに、私自身どハマり中の無料漫画アプリを紹介します!

正直、無料でいいの?ってレベルです笑

マンガUP!

マンガ UP! スクエニの人気漫画が毎日読める 漫画アプリ 人気まんが・コミックが無料

マンガ UP! スクエニの人気漫画が毎日読める 漫画アプリ 人気まんが・コミックが無料
開発元:SQUARE ENIX INC
無料

マンガUP!をインストール

マンガBANG!

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料

マンガBANG!をインストール

-ネタバレ

Copyright© トモダチゲーム ネタバレ考察 , 2021 All Rights Reserved.