ネタバレ

トモダチゲーム88話のネタバレと考察!最終ゲームで最終回へ

更新日:

トモダチゲーム88話(原作:山口ミコト、漫画:佐藤友生)

最終ゲーム

のあらすじネタバレと感想&考察です。

 

第88話は2021年5月8日に発売された別冊少年マガジンに掲載されており、コミックス第18巻に収録される予定です。

ネタバレ注意

トモダチゲームはストーリーの性質上、1話から順に読んだ方が楽しめます。まだ未読の方はネタバレにご注意の上ご覧ください。

本記事のネタバレは読まずに絵付きで読みたいという方は以下からご覧ください。

▼31日間無料体験に登録して600Pゲット▼

トモダチゲーム第88話のネタバレ【あらすじ】

吹雪の吹き荒れる雪山の中に移動した「沢良宜志法」。

そこで告げられた最終ゲームのタイトルは「友断ちゲーム」。

いらない友達を切り捨てる」内容のゲームだというそれは、一体どんなものなのか。

五人の参加者が挑むトモダチゲーム最後の戦いが始まろうとしていた。

最終ゲーム「友断ちゲーム」!そのルールとは?

友断ちゲームの会場に辿り着いた志法に対して、早々にルールを説明しようとする「マナブくん」。

だが、その会場には志法ただ一人しかおらず、勝ち残った筈のメンバーは見られない。

そんな状況でルールを説明するのか、と志法は問うが、他のメンバーには既にルール説明が終了しており、ゲームが行われる「メイン会場」に行っていると言うのだ。

また、ルール説明は一人一人個別で行わないと意味のないゲームなのだとも言われる。

それも含めて非常に大事なルール説明であり、しっかり聞いて、しっかり考え、理解しろとマナブくんは念押しした。

 

ゲーム参加者はまず、ゲームのメイン会場である「山小屋」に向かい、二週間を一緒に過ごすことになる。

その山小屋には雪山で過ごすために必要な物資がある程度備わっているが、雪山は非常に荒れやすく、吹雪が続く日や気温が氷点下20度を下回ることもあり、物資が不足した場合は最悪死人が出る可能性もある。

そんな山小屋で参加者は二週間を過ごしつつ、運営から課せられる「任務(タスク)」をクリアしていき、生き残ればゲームクリアとなるのだ。

また、クリアした人間は借金を全て帳消しにし、トモダチゲームから解放されると同時に、その中の一人が運営から特別ボーナスとしてチームが今まで稼いできた全ての賞金を総取りできる

その賞金はトモダチゲームを仕組んだ「ボス」が直接プレゼントするようだった。

 

そこまで説明されて、志法が引っかかったのは「一人が賞金を総取りする」という部分。

今まで全てのチームが稼いだ賞金は、ざっと45億円。

志法はその莫大な賞金が一人が総取りすることになると、直接他人を害してライバルを減らそうとする人が出るのではないかと懸念したのだ。

しかしマナブくんはその点については心配はない、と断言する。

山小屋の中での暴力行為は禁止しているし、特別ボーナスを受け取る人間は選挙で選ばれるから大丈夫なのだと。

つまりは、二週間の中でどれだけ他人を助けつつクリアに貢献をし、最後に投票で選ばれた「友達の多かった人」が勝利するのだと。

マナブくんはそのことを「トモダチゲームのラストを飾るのに相応しい、平和で民主的なゲームでしょ?」と志法に同意を求める。

だが、志法は「話が矛盾している」と一蹴し、ゲームの不穏な名前に言及する。

しかしマナブくんはその言葉に対して、現実世界においても世界の秩序を守るためならば、例え友達でも「空気の読めない馬鹿」を排除しなければならないのではないか、と反論し、そのための「手段」はどうしても必要なのだとまた返した。

その言葉に押し黙ってしまう志法。

 

しかしその「馬鹿」を排除するための手段は野蛮なものではない、と言うマナブくん。

そのために必要となるのが、事前に決めてもらった「パスワード」なのだ。

排除したい「馬鹿」の名前と、その馬鹿が持っていたパスワードを運営に報告すると、報告されたメンバーはゲームオーバーとなり、ゲームから排除される

その代わり、パスワードや名前を間違えて報告すると、報告した側に重いペナルティが課せられるという。

志法は質問する。

パスワードは1文字とか、全く意味不明の5文字でもいいの?

マナブくんは笑う。

「面白いこと言うね、全く同じ質問を友一君にもされたよ。」

自分の考えと「片切友一」の考えが通ったことに、一瞬驚愕と歓喜を覚える志法。

勿論、そのような行為も許可されていると返答された。

だが、それが本当にゲームを進めるのに有利なのかどうかはわからないとも付け加えられた。

志法の決断、真っすぐな信念

志法は思考する。

パスワードの用途を聞けば、バレない一文字や意味不明な文字列の方が良いのではないか、と。

だが、自分自身の信念を捻じ曲げてまでゲームを進めても、自分は絶対に後悔すると自らの想いを新たにする。

志法が決めた自らのパスワードは、自分の信念であり、自らの支えでもある「正義」の三文字。

その目線には迷いがなかった。

迷いのない言葉、迷いを打ち払った態度に、マナブくんは「志法ちゃんらしい」と茶化すように言う。

 

そして、マナブくんから志法に、スマートフォンが手渡された。

スマートフォンは運営に排除したい人物を伝える際や、参加者に課せられる任務が報告されるものであり、自分専用のものであるということが伝えられる。

無くしたり奪われたりしないように、と改めて念を押された。

それでルール説明は終了、志法は山小屋に移動することになる。

 

山小屋への移動は運営側の人間である「水瀬マリア」が運転するスノーモービルで行われる。

「トモダチ殺し合い(バトルロイヤル)ゲーム」で痛めつけたことを謝る志法だが、マリアは「気にしてないよ」と根に持ちつつ返す。

だが、彼女に対しての恨みも、志法が絶対に向いていないという最終ゲームでスッキリできる、とマリアは言う。

志法はそう挑発されても「元々トモダチゲームで私に向いていたものなんて、これまでに一個も無かった」と返す。

それを踏まえても、「私は勝ち残る」と断言する。

彼女の心の支えは共に勝ち残った「友一」の存在であり、今回も自身を勝利に導いてくれるのではないかと信じている、と告げた。

マリアはそれに対して「今回ばっかりはそうはならない」と含みを持たせる。

 

しかし、志法の信念は揺らがない。

2週間後に必ず勝ち残り、友一に選挙で一位になってもらってボスと直接顔を合わせてもらうと、決意を新たにした。

辿り着いた山小屋!志法と友一の運命は!?

走るスノーモービルは、そうしているうちに目的地にたどり着いた。

「頑張ってね」というマリアの声を背に、志法は山小屋の扉を開いた。

山小屋には既に志法が顔を合わせたことがある参加者のメンバーの他に、7人の人物が居た。

最後に入ってきた志法に向けて、視線が一斉に注がれる。

有効的な目つきをしている人間はそこに一人もいなかった。

勿論、その視線の中には「心木ゆとり」や「斯波真次」、「四部誠」のものも。

ただ一人、志法に視線を向けていないのは、何事にも興味を示していないように振舞う友一のみ。

 

全員が揃ったところで、備え付けられたスピーカーからマナブくんの声がした。

全員が自己紹介をする前に、「任務」についての説明が行われると言う。

まずはその感覚を掴んでもらうためにと、運営から最初の「共通の任務」が送られる。

メッセージアプリ風の画面に表示された任務は「24時間以内に、自分のパスワードを他の参加者に教える」というものだった。

任務を達成できなければその時点でゲームオーバー、と付け足されて。

 

改めて任務の重要性や、緊急性を理解する志法。

早速と言わんばかりに互いのパスワードを交換しようと友一に話しかける志法だったが、友一はその言葉を無視していた。

押し黙っている友一に対して、話しかける志法。

だが、友一から飛び出した言葉は衝撃のものだった。

 

「…えっと…さっきから気安く話し掛けてきてるけど」

君…誰?

「どっかで会ったことある?」

 

まるで記憶がないのか、初対面のように話し始めた友一。

その状況が呑み込めない志法は、ただ困惑するだけであった。

 

トモダチゲーム88話を無料で読む方法

以上、トモダチゲーム18巻掲載の88話のネタバレを紹介しました!

文字だけじゃなくて絵付きで漫画が読みたい!

という方におすすめなのが、U-NEXT、music.jp、FODプレミアムのどれかになります。

サービス名 U-NEXT FODプレミアム music.jp
無料期間 31日間 1ヶ月間 30日間
無料登録でもらえるポイント 600ポイント 1300ポイント※ 961ポイント
公式サイト 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
無料期間内の解約 全て可能。解約すれば料金は一切かからず0円で利用可能

※FODプレミアムは8,18,28日にログインすることで各400ポイント合計1300ポイント付与

 

私は全部利用しているんですが・・・

この3つの中でおすすめはU-NEXTかFODプレミアムになります。

読みたい漫画と動画まで楽しめるのがU-NEXT

U-NEXTなら、31日間の無料登録で貰える600ポイントを利用することで読みたい漫画を1冊無料で読むことができます。

そしてU-NEXTは国内最大級の動画配信サービスということで約9万本の動画が見放題。

31日間の無料期間中に

  • ドラマ
  • 映画
  • アニメ

まであわせて楽しむことができるんです!

今すぐ画バレで漫画が読みたい方はこちらがおすすめです。

▼31日間無料体験で600P獲得して今すぐ読む▼

すぐには読めないけど20%オフで読めるのがFODプレミアム

FODプレミアムでは、ポイント還元率が高く、20%分のポイントがバックされます。

つまり、1巻あたり20%オフで読めちゃうんです!

さらにFODプレミアムはフジテレビが運営する動画配信サービスなので、フジテレビのドラマやアニメまであわせて見放題で見ることが可能になっています。

 

ちなみに期間限定で完全無料の漫画もあったりしますよ~

気になる方はぜひのぞいてみてください。

▼1ヶ月間の無料体験で1300Pゲットして今すぐ読む▼

トモダチゲーム第88話の考察&感想

最終ゲームである「友断ちゲーム」。

近年の情勢を反映した風刺のような描写もあり、身につまされるような内容でした。

ゲームの内容はまるで近年注目されている人狼系ゲームの「Project winter」や「among us」のようなものであると筆者は認識しています。

通報や投票なども含めて似ていますが、「トレイター」や「インポスター」といった敵役というか妨害役のメンバーは表面上いないようです。

ルール説明にも登場していません。

また、キモとなる「パスワード」の存在もあり、一筋縄ではいかない印象です。

これから「任務」がどのような波乱を巻き起こすのか、注目です。

もしかしたらトレイターやインポスターは任務で役割を担う人が出るのかもしれませんね。

 

そして気になる「片切友一」の態度。

まるで志法と手を組むのが嫌なのかのようにも見えます。

勿論いつもの策略なのでしょうが、流石に今回の意図はさっぱりわかりません。

彼女と共に行動することが不都合なのか、誰かを欺いているのかは不明であり、まだこの時点では何を言うことも出来ないでしょう。

全員が全員知らないふりをするというわけではなさそうなのが、「心木ゆとり」や「四部誠」の態度で丸わかりです。

 

友一は一体何を考えているのでしょうか。

また、志法はこんな状況でも毎度恒例のように行う「友一を疑う」ことをしないでいけるのでしょうか。

人を欺いたり取り入ったりするゲーム性は圧倒的にゆとりに有利な気がしますが、どうなのでしょうか。

次回の展開からも目を離せませんね。

 

89話の記事へ

どハマり中の無料漫画アプリ

トモ
他にも面白い漫画が読んでみたい!

という人向けに、私自身どハマり中の無料漫画アプリを紹介します!

正直、無料でいいの?ってレベルです笑

マンガUP!

マンガ UP! スクエニの人気漫画が毎日読める 漫画アプリ 人気まんが・コミックが無料

マンガ UP! スクエニの人気漫画が毎日読める 漫画アプリ 人気まんが・コミックが無料
開発元:SQUARE ENIX INC
無料

マンガUP!をインストール

マンガBANG!

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料

マンガBANG!をインストール

-ネタバレ

Copyright© トモダチゲーム ネタバレ考察 , 2021 All Rights Reserved.