ネタバレ

トモダチゲーム最新話89話のネタバレと考察!黒幕が参加者の中に存在か

投稿日:

トモダチゲーム最新話89話(原作:山口ミコト、漫画:佐藤友生)

最も過酷なゲーム

のあらすじネタバレと感想&考察です。

 

第89話は2021年6月9日に発売された別冊少年マガジンに掲載されており、コミックス第19巻に収録される予定です。

ネタバレ注意

トモダチゲームはストーリーの性質上、1話から順に読んだ方が楽しめます。まだ未読の方はネタバレにご注意の上ご覧ください。

本記事のネタバレは読まずに絵付きで読みたいという方は以下からご覧ください。

▼31日間無料体験に登録して600Pゲット▼

トモダチゲーム最新話 第89話のネタバレ【あらすじ】

雪山の奥深く、人里から隔離された山小屋にて、トモダチゲーム最後の生き残りメンバーが対峙する。

最後のゲーム「友断ちゲーム」は最も過酷とも称されたゲーム。

二週間を共に過ごし、任務をクリアしていく間柄ながらも、互いは決して仲間ではない。

そんなメンバーたちの中で、「沢良宜志法」にとって唯一信じられる存在だったのが、友人であり仲間でもある「片切友一」。

しかし、今回も友一と共にゲームを乗り切ろうとする志法に、友一からかけられたのは信じられない言葉であった。

君…誰?どこかで会ったことある?

友一と志法!友情は早くも崩壊?

耳を疑うような言葉を聞いた志法は、複雑な感情を露わにする。

今回も共にゲームを乗り切ろうとした友人に、早々に裏切られてしまったような形になったからだ。

変な冗談だろうと思っていた志法だが、直後に他の参加者に「知り合い同士なのか」と問われ、友一に「違う」と明確に断言されてしまう

友一は志法をはっきりと「俺はこんな子知らない」と突き放した。

更には友一に敵とまで言われてしまうが、志法は考える。

これは友一のいつもの何かの作戦なのではないか、ということを。

食い下がろうとする志法を諫めたのは、先ほど志法と友一に話しかけた参加者の男。

まずは一度全員自己紹介をした方がいいのではないか、と提案した。

彼の提案に乗る友一。

そうして、雪山に集う最後の生き残りたちは、自己紹介を開始するのだった。

最後の生き残りメンバー12人!その素性と嘘と誠とは…?

最初に自己紹介をしたのは、言い出しっぺである一人の男性。

 

黒い髪をオールバックにした鋭い目の「荒野凪」。

そして傍らに座る険しい顔の幼い少女を示して、娘の「荒野玲火」と紹介した。

志法はトモダチゲームに親子で参加している、と言った凪を異常だと感じた。

更には傍らで一言も発さず、周囲に睨みを利かせる玲火にも異質な印象を抱く。

 

次に自己紹介をしたのは「豪理利人」。

武骨で厳つい顔をした男性であった。

大学で準教授をしていると自称した彼を、志法は「不愛想だが真面目で頭が良さそうな人」と評価する。

 

次いで自己紹介をしたのは「北斗」という女性。

化粧をバッチリと決め込んだ派手そうな印象通りに、何処か適当で自由な女性であった。

志法は彼女を「愛想はいいが不真面目で勉強が苦手そう」だと思う。

 

続いたのは「波羅川ソラ」という少女だった。

薄い色のツインテールに伏せた目線が印象的な少女で、空腹を示す音を腹から鳴らしていた。

志法の印象は「ちょっと病的だけど細くて美形の女の子」である。

 

次に口を開いたのは「狭口君子」というフリーターの女性。

俯いてどもるように喋る眼鏡で地味な印象の彼女を、志法は「気は小さそうだけど優しそうな雰囲気」と評価した。

 

差し込むように自己紹介をした志法の次に、ぼそりと絞り出すように自己紹介をしたのは、暖炉を見たまま動かない「川内太郎」。

「後ろ暗いことでもあるのか」と志法は彼の様子を気にする。

そして、自己紹介は「斯波真次」「心木ゆとり」「四部誠」と続いて、「片切友一」で終わる。

 

これが山小屋で二週間を過ごすことになるメンバー。

敵であり、味方でもあるかもしれない、12人の人物たちであった。

運営側の人間の潜伏!その人物はまさかの「志法」!?

最後に名乗った友一の名前は、他の参加者にも知られていた。

友一が噂に聞く「片切友一」であると知った凪は、本来共に勝ち抜いている筈の仲間である志法を何故無視するのか、と指摘した。

それに対して友一は君子とあたかも昔からの知り合いであったかのように振舞って見せ、知り合いの振りなんて簡単に出来るのだと実践して見せた。

その際にちらりと見えた手首の酷い傷、所謂リストカットの痕を志法は見逃さなかった。

友一は志法と自分が知り合いであるかどうかは本当に判断がつかない、ということを実践したのだが、その行為を指摘したのは利人。

「志法は自己紹介の前から友一の名前を知っていた」として、知り合いの可能性は高いと言うのだ。

そして、突然彼女に絡んで驚かせたことを謝罪すべきではないのか、とも付け加えた。

友一は利人の主張を一笑に伏し、利人のことを「実は馬鹿ではないか」と指摘して見せる。

そして、「山小屋に集まる前に個別でルール説明を受けた理由は、運営がそれぞれ違う内容を話すためだ」と推理する。

そもそも貰っている情報量が違うから、志法が参加者の名前を事前に知っていても何ら不思議ではない、と論破した。

 

友一は更に言葉を続ける。

 

「運営はこの最終ゲームが『これまでのゲームの嫌な部分を集めたようなもの』…とも言った」

「そして俺はとあるゲームでとても面倒で最悪な体験をしたんだ」

「それは…『友情かくれんぼ』の時、ゲームに”運営側の人間”が潜伏していた

 

つまり、友一はこのゲームにも運営側の人間が潜伏していること、そしてその人物が「沢良宜志法」である、ということを示したのだ。

志法は流石に動揺を示す。

友一の意図が全く読めない志法は、友一の主張を真っ向から否定した。

が、その旗色は悪く、志法には疑いの目が次々と向けられる。

友一の失敗!ゲームを荒らすのは…?

その空気を切り裂いたのは、一人の女性による含み笑い。

それまで一言も口を挟んでいなかった北斗のものだった。

北斗は友一を「話で聞いていた通り、面白い子」だと評価した。

彼女は友一のことを間違いなく知っているように見える。

そして、重い口を開いた。

 

「あなたの言ったことはよくわかる」

「個別でルール説明をされた理由も、運営の人がこの中に紛れているのも」

「このゲームを荒らすために用意された要素としてとても納得できるわ」

「でもだからこそ、あなた失敗したわね」

 

彼女の指が友一の唇に触れる。

友一の顔が珍しく焦りに歪む。

北斗は言葉を続ける。

 

だって、どう見ても、このゲームを今一番荒らしてるのは片切君なんだもん

「つまりあなたの話を信じるなら…むしろ”運営側の人間”はあなたって結論になる」

 

友一は彼女の言葉を言いがかりとして、失敗は言い過ぎだと反論した。

しかし北斗は更に友一を追い詰める。

これは失敗じゃない、『大失敗』よ」と。

 

最初の任務として提示されたのは「パスワードを他人に教えること」だった。

パスワードは前回説明されたルール通りにそのまま受け取るならば、他人を排除するために使用するための「命そのもの」。

そのため、パスワードを教えるなら信用のおける相手の方がいいに決まっている。

参加者はその命を預ける相手を決め、互いにパスワードを教え合う必要があったのだ。

現状、ゲームを散々に荒らしてしまった友一を信用する人間はいない。

唯一友一に友好的な態度を取っていた志法を明確に敵として宣言してしまったため、彼女との交換は出来ないだろう、と北斗は指摘する。

パスワードの交換をしてくれる相手がいなければ、その場で脱落が決定する。

友一は窮地に立たされた。

 

が、友一はその状況を「何の問題もない」と一蹴する。

この場にいるのは12人。

偶数であるから、確実にこのメンバーの中で交換を行わなければ脱落となる。

否が応でも自分と誰かがパスワードを交換しなければならない、と反論した。

 

しかし友一の目論見はあっさりと終わりを告げる。

実はこの山小屋に集った人物は12人ではない。

最後の一人が山小屋の上階に潜んでいたのだ。

褐色肌にショートカットの中性的な印象を抱く女性「西澤アキラ」が登場する。

それによって人数は奇数である13人。

そのままで行けば友一とパスワードを交換する相手はおらず、友一が真っ先に排除されると言う最悪の結末を迎えることになる。

 

志法は最初の評価を覆せざるを得なくなった。

これまでトモダチゲームで天才的な騙しの手腕を見せ、何度も対峙した相手をねじ伏せてきた友一が、全く歯が立たなくなっていたからだ。

「愛想はいいが勉強は苦手そう」な北斗は、友一を完全に手玉に取っていた。

底知れぬ彼女の存在を無視できなくなる志法。

そして、窮地に立たされ、絶体絶命の状況に陥る友一。

そのゲームの様子を、見守る人々がいた。

友一のピンチ!友断ちゲームに隠されたルールとは?

友一が窮地に陥る様を、病室で「紫宮京」「海堂聡音」「美笠天智」が見守っていた。

彼の「大失敗」を、京が「いきなり大ピンチじゃん」と呆れたように揶揄する。

天智は、友一の立ち回りに疑問を持っていた。

いきなり自身を崖っぷちに追い込むような言動を理解できず、その意図を同じく天才的な頭脳を持つ京に問いかける。

京はその理由をわからない、と前置きしつつも「友一先輩は意味のないことはしない」として、これらの言動に何らかの意味があったことを示唆する。

次いで、話を振られたのはかつて「バケモノ」とも称された聡音。

聡音は友断ちゲームを「そもそもこのゲーム、何か変じゃない?」と指摘した。

 

聡音が言うには、「最終的に人気投票で一位になった人間が勝者になるのに、わざと場を荒らすのは絶対にやってはいけない」と指摘した。

そこで天智と京が気付く。

人気投票で一位になるため、つまりゲームの勝者になるためには、悪目立ちせずに最初から最後までみんな仲良く二週間過ごすべきだということなのかということ。

むしろ仲良くというより、みんなに優しくして過ごさねばならない、ということ。

そこまで気付いて、京は愛想笑いのような、複雑な感情を含んだ笑みを漏らした。

「なんか…このゲーム、ヌルくない?」

そのヌルさがおかしいと聡音は指摘した。

いつもならば、ゲームが荒れる要素が必ず存在する。

それが見えないということは、友断ちゲームにはまだ隠されたルールが存在するということになると。

 

それを肯定したのは運営の人間である「東條レン」。

では、その見えない隠されたルールはどこにあるのか。

京や聡音、天智はそのルールが「個別でのルール説明」の中にあったと気づく。

そして、京は友一が個別ルール説明の最中に既に任務を言い渡されていたのではないか、と推測した。

ゲームの荒れる要素は個人に通達される任務の中にあり、友一が志法に対して突き放したような態度を取るのは、任務の中にあるのではないかと指摘する。

この答えにレンは「半分…正解だ」と回答がおおよそ当たっていたことを明かす。

だが、友一に与えられた任務は「沢良宜志法を知らないふりをする」ということではない、とも答えた。

また、事前に任務を与えらえたのは友一だけではないこと、その任務の中には過酷な内容を指定するものもある、ということもあると言う。

そのヒントは「このゲームが命の危険を伴う、過酷なもの」だということにあると吐く。

その言葉で、その場にいた三人は察する。

今回の「友断ちゲーム」はどれだけ過酷な内容であろうとも、山小屋内での暴力は厳禁である。

それを覆すような真似はないのではないかと思ったからだった。

だからこそ、脳裏を過ったその結論を、口にすることはなかった。

 

だが、翌日の光景で参加者たちは思い知ることになる。

そのルールは既に意味を為さないということを。

激しい吹雪に晒された雪山の中、山小屋から出た外部

ルールの適用されないそこで、13人目の参加者である西澤アキラが木に吊るされた状態で発見されたのだ。

それに対して友一が声を上げる。

 

「あーあ…可哀想に、これは不幸な事故だ」

「ただまぁ…俺にとってはラッキーだったな」

「これでまた人数が12人に戻った」

 

確かにこれで偶数人、友一がどうあっても脱落するということはなくなった

理にかなった発言であり、喜ぶべきこと。

だが、志法にはその発言が理解できない。

その発言はどう考えても友一がアキラを殺したようにしか聞こえないような、あからさまなものだったからだ。

 

果たして、友一の抱く思いとは一体何なのか。

既に荒れ始めた友断ちゲームの結末は如何に。

 

トモダチゲーム89話を無料で読む方法

以上、トモダチゲーム18巻掲載の89話のネタバレを紹介しました!

文字だけじゃなくて絵付きで漫画が読みたい!

という方におすすめなのが、U-NEXT、music.jp、FODプレミアムのどれかになります。

サービス名 U-NEXT FODプレミアム music.jp
無料期間 31日間 1ヶ月間 30日間
無料登録でもらえるポイント 600ポイント 1300ポイント※ 961ポイント
公式サイト 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
無料期間内の解約 全て可能。解約すれば料金は一切かからず0円で利用可能

※FODプレミアムは8,18,28日にログインすることで各400ポイント合計1300ポイント付与

 

私は全部利用しているんですが・・・

この3つの中でおすすめはU-NEXTかFODプレミアムになります。

読みたい漫画と動画まで楽しめるのがU-NEXT

U-NEXTなら、31日間の無料登録で貰える600ポイントを利用することで読みたい漫画を1冊無料で読むことができます。

そしてU-NEXTは国内最大級の動画配信サービスということで約9万本の動画が見放題。

31日間の無料期間中に

  • ドラマ
  • 映画
  • アニメ

まであわせて楽しむことができるんです!

今すぐ画バレで漫画が読みたい方はこちらがおすすめです。

▼31日間無料体験で600P獲得して今すぐ読む▼

すぐには読めないけど20%オフで読めるのがFODプレミアム

FODプレミアムでは、ポイント還元率が高く、20%分のポイントがバックされます。

つまり、1巻あたり20%オフで読めちゃうんです!

さらにFODプレミアムはフジテレビが運営する動画配信サービスなので、フジテレビのドラマやアニメまであわせて見放題で見ることが可能になっています。

 

ちなみに期間限定で完全無料の漫画もあったりしますよ~

気になる方はぜひのぞいてみてください。

▼1ヶ月間の無料体験で1300Pゲットして今すぐ読む▼

トモダチゲーム第89話の考察&感想

動き出した最終ゲーム。

全キャラクターの顔見せも終わりましたね。

全員が全員一筋縄ではいかないような、癖の強そうなメンバーが揃っています。

どう考えても志法に勝ち目はないので、このメンバー内ならやっぱり道化役として踊らされることが予想されますね。

そして、舞台が舞台だけにどうしても起こってしまう殺人事件。

漫画に対するコメントにも、かつてマガジンで連載されていた某名探偵の孫の名前が挙がるなど、同じことを考えている人も多かった印象です。

それにしても、運営側の人間が読者からしたらあからさまなのですが、この意図がまだ読み取ることが出来ません。

他にも運営側の人間はいるのか、また、なぜ「西澤アキラ」がいたのか、今後の展開に注目したいと思います。

 

今回は起承転結で言う「起」の部分ですが、既に波乱の様相を見せています。

特に気になるのは友一の態度ですね。

一体何を考えて志法との接触を避け、あえて自分にヘイトを向けるような発言をしているのでしょうか。

自分が憎まれ役になることで、素直で真っ直ぐな、悪く言えば馬鹿正直な志法の評価を上げようとしているのかもしれませんね。

しかしながらトモダチゲームにおいては情報がちゃんと出揃うまで推理するのは無駄足になるということが多いので、動向を暫く見守っていたほうがいいでしょう。

 

また、出揃った参加者はゆとりや誠、真次以外にも信用が置ける人間は一人もいないと言ってよいと思います。

一人一人に志法が印象をモノローグで語っていますが、下手をすればすべて真逆で大外れという可能性の方が高いでしょう。

事実、作中で志法が「愛想はいいけど勉強は苦手そう」と称した北斗が、友一と舌戦を繰り広げて完全に打ち負かす、ということをやってのけています。

なので、個人的には志法が信用できそう、などと語った人間は一切の信用が不可能であると踏んでいます。

志法は徹底的に人を見る目が無い、異様なまでに騙されやすい、よく言えば素直、悪く言えば愚鈍な人間として描かれているので、妥当な描写です。

だからといって、志法の印象が悪い荒野親子が信用できる人間なのかと言われればそんなことはありませんが。

 

個人的には一人一人の描写的に

  • 荒野親子→実は親子ではなく、玲火に至っては凪に恨みを抱いている
  • 理人→友一の言った通りに実はあまり利口な方ではないし、准教授でもない、ついでに誠実ですらない
  • 北斗→下手をすれば友一や志法の味方側になる可能性があるが、反対に敵になる可能性もある(真次らの一派の可能性も?)
  • 君子→運営側の人間?ゆとりらの一派?恐らくは今回最大の敵であると思われる
  • 太郎→別の人間を演じている人物で、後に誰かの隠れ蓑として使われる可能性がある
  • アキラ→もちろん死んでいないし、運営側の人間

であると睨んでいます。

登場人物は任務でとにかく自分らを誤魔化し、嘘をついている可能性が高いのではないかと。

ちなみに「ソラ」に関しては描写が少なすぎるので、今後の展開次第でしょう。

もちろん上記の予測はただの推論でしかありませんし、今までの傾向からこんな感じかな、と考えただけです。

もしかしたら最後のゲームですし、参加者の中に運営のボスが紛れ込んでいる可能性とかもあるかもしれませんね。

 

果たして、このゲームの参加者の正体は一体何なのでしょうか。

ゲームはどのように動いて、どのように荒れていくのでしょうか。

まだ動きを見せないゆとりら一派の思惑とは何なのでしょうか。

次回の展開からも目が離せませんね。

 

⇒90話の記事へ

どハマり中の無料漫画アプリ

トモ
他にも面白い漫画が読んでみたい!

という人向けに、私自身どハマり中の無料漫画アプリを紹介します!

正直、無料でいいの?ってレベルです笑

マンガUP!

マンガ UP! スクエニの人気漫画が毎日読める 漫画アプリ 人気まんが・コミックが無料

マンガ UP! スクエニの人気漫画が毎日読める 漫画アプリ 人気まんが・コミックが無料
開発元:SQUARE ENIX INC
無料

マンガUP!をインストール

マンガBANG!

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料

マンガBANG!をインストール

-ネタバレ

Copyright© トモダチゲーム ネタバレ考察 , 2021 All Rights Reserved.