ネタバレ

トモダチゲーム95話のネタバレと考察!友一の協力者がヤバイ

更新日:

トモダチゲーム95話(原作:山口ミコト、漫画:佐藤友生)

「特別な友だち」

のあらすじネタバレと感想&考察です。

 

第95話は2021年12月9日に発売された別冊少年マガジンに掲載されており、コミックス第20巻に収録される予定です。

ネタバレ注意

トモダチゲームはストーリーの性質上、1話から順に読んだ方が楽しめます。まだ未読の方はネタバレにご注意の上ご覧ください。

本記事のネタバレは読まずに絵付きで読みたいという方は以下からご覧ください。

▼31日間無料体験に登録して600Pゲット▼

トモダチゲーム第95話のネタバレ【あらすじ】

片切友一」が山小屋から姿を消した。

数多くの疑惑を残して逃亡した彼の実を案じる「沢良宜志法」に下されたのは、一つの個別任務。

それは、志法のベッドの下に隠された特別なアイテムを使用して、参加者に罰を与えろというもの。

彼女の部屋のベッドの下から出てきたのは、一丁の拳銃。

期限は当日中。

志法の選択は如何に。

逃走した友一!友一に迫る排除の危機!?

突如自らの手に渡った拳銃に、動揺を隠せない志法。

手にした拳銃は弾丸も入っている、明らかな本物であった。

「罰を与える」という行為を「処刑しろ」ということなのではと解釈し、一人戦慄する。

そんな志法に声をかけたのは、彼女の「味方」として振舞う「豪理利人」。

突然山小屋の自室に戻った志法を案じて、追いかけてきたのであった。

志法は自らの身を案じる彼の問いかけに、大丈夫だと返す。

拳銃については誰にも話すべきではないと、そう判断して彼女は手にした鉄の塊をその背に隠した。

 

二階から戻った志法を加えたメンバーで話し合いが行われる。

議題は当然「片切友一の処遇」についてであった。

山小屋で起こった一連の事件が全て友一のせいであると結論付けられている現状。

当然提案されたのは「片切友一が話し合いで棄権に応じない場合、暴力を使ってでも排除するべきである」という意見。

志法はそれに激しい口調で反論を行う。

だが、その言葉は届かない。

「片切友一のこれまでの不遜な態度」

「現状までに片切友一が犯した罪」

「片切友一は山小屋から逃亡した」

これらの証拠をあげつらい、「北斗」は友一を「どう考えても犯人」として言い張った。

その言葉に反論はなく、全員がそうであると現状は断定していたのである。

しかし、志法は食い下がる。

友一は大怪我をしていたため、逃げられないのではと指摘した。

それを友一の手当てを行った「川内太郎」に同意を求めたのだが、太郎はその答えを遮断する。

「面倒事に関わる気はない」として、釈明を避けたのだ。

 

仮に…片切君が逃亡できない体だったとしたら…この中の誰かが、彼をどこかへ移動させた…ということになりますね。

突如口を挟んだのは「斯波真次」。

そして、志法に友一を移動させた理由と、その犯人を問うた。

志法は真次の言葉に反論ができない。

言葉を濁す志法に、真次は更に追い打ちをかけていく。

それは”陰謀論”ですよ

「状況的にほぼ確実であり、大多数の人間が合意した結論があるにも関わらず…本当に取るに足らない低い可能性を声高に叫び、大衆の不安を煽る」

「もちろん冷静な人たちは、そんな言葉に惑わされないですが…弱く…優しい人たちは間違いを恐れ、不安になってしまう」

「弱者を不安にさせる行為は正義…とは言えないでしょう」

真っ向からの言葉に、志法は不安を抱える。

そんな不安を見抜いたか、真次の言葉は続く。

「困りましたね」

「もし沢良宜さんが”陰謀論”を唱え続け、不安を煽るようなら」

私は、君を含めての排除…をこの場で提案せざるを得ない

排除という言葉に危機感を覚えた志法。

思わず声高に反論を返すが、そんな志法を制したのは利人であった。

利人はそれらの行動を「冤罪を防ぐための行為」であったと言ったのだった。

志法はその言葉に一度落ち着きを取り戻したものの、続く利人の言葉に再び不安を覚える。

「ただ…沢良宜さんが間違ってしまったのは、今が”緊急事態”ということを失念したこと…」

利人は続ける。

「もちろん平時であればいくらでも時間をかけ審議をすればいい、しかし今は一刻を争う”緊急事態”だ」

「つまり彼が言ったことは今は正しい、有事に不安を煽るのはよくない」

だから沢良宜さん、みんなに謝ろう

突如利人から飛び出した謝罪の提案に、志法は何故とその理由を問う。

利人はそれは必要なことであるとして、理路整然と説明する。

このままでは志法が陰謀論者として扱われ、一つにまとまろうとした正義が失われてしまうと。

正義と言う言葉を出された志法は弱い。

利人に諭され、志法は頭を下げたのだった。

その心中に「これが正義のために必要だったのか」という疑念を抱きながら。

 

議論は流れ、結論に到達する。

ゲームの参加者は、一部のメンバーで武装して、逃走した片切友一の捕獲に臨むこととなった。

武装して出撃するメンバーは利人と真次、そして「四部誠」と志法。

志法は消えた友一に真意を問うため、そして、そうなったからには自らの手で友一を捕らえるため、そして自らの「個別任務」のために友一捕獲へと同行するのだった。

友一捜索開始!消えた友一の行方は…?

最初に説明された通り、荒れやすい雪山の天気。

山小屋の外は今にも崩れそうな様相を見せていた。

それを見ていた利人は、日が暮れるまでには探し出したいと分担しての捜索を提案する。

メンバーの内訳は、利人&志法と、誠&真次に決められる。

別れ際、誠に志法が「無茶するな」と声をかけたものの、誠は「友一の出方次第」だとして一蹴する。

突っかかろうとする志法を利人が制止して、二手に分かれた捜索が開始された。

 

捜索は長時間に及んだものの、友一は見つからない。

疲れが見えてきた志法を案じた利人が、休憩を提案した。

利人と並んで語らう志法。

友一に関してやたらと必死になることを指摘された志法は、その理由を「特別な友だちだから」と話した。

利人はその言葉に何かを感じ「だからか」と納得したように呟く。

そして立ち上がり、用を足すと言い残して志法の前から姿を消す。

 

その足は用を足すために向けられず、深い雪の中に刻まれた岩の亀裂へ。

亀裂の中には空間があり、人一人程度なら潜める程度の洞窟になっていた。

そこに足を踏み入れた利人は、そこに潜む人物へ言葉をかける。

「そうかそうか、彼は沢良宜君の想い人だったのか…それはなんでも信じてしまう純粋な彼女の”美点”とも言えるが…だからこそそこに付け入るのは、あまりに罪深いとは思わないか?」

「片切友一君」

洞窟の中に潜んでいたのは、彼らが捜索していた片切友一その人

猿轡を噛まされ、体を拘束され、空ろな目で俯く片切友一であった。

友一は自ら望んで移動したというわけではなく、利人や協力者によって拉致されていたのだった。

利人は、友一に罪を償うべきだと言い放つ。

そして、その罪の一つには志法を誑かしたことも含まれていた。

悪を断罪する大義名分を得たと思っている利人は、到底正義とは言えない表情を浮かべ、友一に手にした斧の刃を当てて力を籠める。

分厚くも鋭利な刃が、友一の首に食い込んで、血を滲ませていく。

そんな利人が友一に囁く。

「…死にたくないかい、友一君」

「だったら助かる方法は一つしかない」

これで僕を殺すんだ

自らへの殺人教唆を行う利人。

手にした斧を手近にあった木片へ突き刺すと、自ら斧を手放したのだった。

目の前に放置された凶器を見据える友一は、その口車に乗せられて自らの拘束を斧で断ち切っていく。

しかし、それは利人が仕組んだ筋書き通りだと、彼は予備の斧を取り出しつつ、心の中でほくそ笑むのだった。

すべては利人の筋書き通り!?描かれたシナリオの結末は?

友一とのやり取りを終えて、利人が志法のもとへと戻る。

そして、志法を友一が待つ洞窟へと誘導していく。

当然、その先に待っていたのは、拘束を解いて斧を手にした友一。

志法は友一との再会を喜んでいたものの、その様子のおかしさに疑念を抱く。

友一は言葉を発することなく、眼前にいる利人に向けて斧を振り下ろした。

武器を持った友一から志法を庇うように立ち回る利人。

志法は正気には思えない友一の様子を見て、「下がれ」という利人の指示に従って後退する。

それすらも利人の描いたシナリオ通りでしかなかった。

利人は友一を殴り飛ばすと、友一の首を絞めて拘束しつつ、彼にパスワードの提示を求めた。

だが、友一の首は利人の手によって絞められているため、話すことはできない。

その体勢の危険性を、武術を嗜む志法は理解していた。

それ故に志法は利人を制止せんと駆けだそうとするも、突如現れた真次によってその手を掴まれる。

利人は正義を守ろうとしているだけだ」と言い放ち、志法を片手だけで拘束したのだった。

 

志法を真次が拘束している間も、状況は刻一刻と変化していく。

徐々に窒息に追い込まれていく友一。

利人はそれを「どうしてもパスワードを言わない気」なのだと無理矢理解釈し、私刑を行っていく。

このまま友一を死に追い込み、全ての罪を被ってもらおうと考えていたのだった。

「友一の犠牲が全ての正義の礎になる」と利人はまるで狂信者のように心中で言い放つ。

その顔に浮かべられた表情は、最早正義の味方とはかけ離れた狂人のものに等しかった。

死の淵に立たされた友一。

その口が、酸素を求めるように、助けを求めるように動いた。

…た…た…すけて…さわ…ら…ぎ

瞬間、志法が考えるよりも先に動いた。

 

乾いた音が雪山に鳴り響く。

その音は、志法が凶悪な暴力を手にしたということを示していた。

沈黙が流れる。

細められた目を片方開いて、不敵な笑みを浮かべつつも驚愕を隠せない真次。

その暴力の音に息を飲む利人。

硝煙を燻らせながら、志法は言い放つ。

「今すぐ友一を放しなさい!」

志法は手にした拳銃を真次に向け、真次の動きを制した。

予想外のものを持ちだした志法に利人は疑念を抱いたものの、ここで友一を放せばまた被害者が出るのだと言い返す。

だが、志法の意思は揺るがない。

拳銃を利人に向けて「今の自分には最強の武力がある」のだと言い放った。

そして、友一が悪であった場合は、自分で引導を渡すとも。

 

しかし、利人も頑なな思考に支配されている。

自ら立てた筋書きから外れた事態を、許すことができなかった。

利人の手は友一の拘束を説かない。

むしろ、友一を殺すつもりでその両手を友一の首に回したのだった。

風前の灯火となった友一の命。

眼前に迫った特別な友だちの死に、志法が指を引き金にかける。

衝動的に弾丸を放つ乾いた音が、雪山に再び響いたのだった。

 

トモダチゲーム95話を無料で読む方法

以上、トモダチゲーム20巻掲載の95話のネタバレを紹介しました!

文字だけじゃなくて絵付きで漫画が読みたい!

という方におすすめなのが、U-NEXT、music.jp、FODプレミアムのどれかになります。

サービス名 U-NEXT FODプレミアム music.jp
無料期間 31日間 1ヶ月間 30日間
無料登録でもらえるポイント 600ポイント 1300ポイント※ 961ポイント
公式サイト 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
無料期間内の解約 全て可能。解約すれば料金は一切かからず0円で利用可能

※FODプレミアムは8,18,28日にログインすることで各400ポイント合計1300ポイント付与

 

私は全部利用しているんですが・・・

この3つの中でおすすめはU-NEXTかFODプレミアムになります。

読みたい漫画と動画まで楽しめるのがU-NEXT

U-NEXTなら、31日間の無料登録で貰える600ポイントを利用することで読みたい漫画を1冊無料で読むことができます。

そしてU-NEXTは国内最大級の動画配信サービスということで約9万本の動画が見放題。

31日間の無料期間中に

  • ドラマ
  • 映画
  • アニメ

まであわせて楽しむことができるんです!

今すぐ画バレで漫画が読みたい方はこちらがおすすめです。

▼31日間無料体験で600P獲得して今すぐ読む▼

すぐには読めないけど20%オフで読めるのがFODプレミアム

FODプレミアムでは、ポイント還元率が高く、20%分のポイントがバックされます。

つまり、1巻あたり20%オフで読めちゃうんです!

さらにFODプレミアムはフジテレビが運営する動画配信サービスなので、フジテレビのドラマやアニメまであわせて見放題で見ることが可能になっています。

 

ちなみに期間限定で完全無料の漫画もあったりしますよ~

気になる方はぜひのぞいてみてください。

▼1ヶ月間の無料体験で1300Pゲットして今すぐ読む▼

トモダチゲーム第95話の考察&感想

逃げたと思った片切友一は豪理利人やその協力者によって拉致されていたということがわかりました。

前回の展開を考えれば、友一だけではない誰かによってそれが行われたのは予想がついていたところもありますが、志法がそれを知り得ないためにモヤっとする展開が続いています。

今回はとうとう利人が本性を現し始めたと言わざるを得ないでしょう。

前々回で語った通りに、正義にこだわるあまりに頑なで狂信的で、強迫観念じみたなにかも抱えた人物であるともしっかりと描写されたと思います。

同情を得ることはできない立ち回りであるとは思われますが、納得の描写です。

 

また、今回の描写的に利人は斯波真次と何か協力体制にあるのではないかとも予想できるでしょう。

わざと利人を助けるような真似をしたり、利人と行動を共にしたりなど、何らかの思惑を感じられます。

ですが、真次がただ利人を助けたいわけでもないことも予想できます。

利人の行いを正当化して、その結果がどうあれその先にある恩恵を得ようとしているのではないかというようにも見えますね。

また、見方によっては友一とも手を組んでおり、この利人の筋書きすらも友一と真次の手の上なのではないかとも。

友一の協力者は身長的に真次ではないと予想されているものの、一時的に手を組んでいるという説は間違いとは言い切れないでしょう。

真次が誠と離れて行動しているのも気になる点ですね。

 

今回も気になるところで切られてしまったトモダチゲーム。

これまでの傾向からして、最終的に全て友一の狙い通りの展開であることが明かされる可能性は高そうですよね。

今後は一体どのように展開していくのでしょうか。

96話も見逃せませんね。

 

96話の記事へ

どハマり中の無料漫画アプリ

トモ
他にも面白い漫画が読んでみたい!

という人向けに、私自身どハマり中の無料漫画アプリを紹介します!

正直、無料でいいの?ってレベルです笑

マンガUP!

マンガ UP! スクエニの人気漫画が毎日読める 漫画アプリ 人気まんが・コミックが無料

マンガ UP! スクエニの人気漫画が毎日読める 漫画アプリ 人気まんが・コミックが無料
開発元:SQUARE ENIX INC
無料

マンガUP!をインストール

マンガBANG!

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料

マンガBANG!をインストール

-ネタバレ

Copyright© トモダチゲーム ネタバレ考察 , 2022 All Rights Reserved.